基礎知識

株式投資の基礎知識

投稿日:

株は儲かるの?

近年では、パソコンや携帯電話を使ってネット証券を行っている人がたくさんいると思います。

ネット証券というのは株の取引になりますので、不安を感じている人がいると思いますが、 実際に株の取引をしてみると株は儲かるのかどうかやっぱり一番気になるところですよね。

結論から言うと、儲かるかどうかというのはその時のタイミングや運によって違ってくると思います。
しっかりとネット証券の仕組みを理解した上で価格変動などをリアルタイムにキャッチして取引をすることができれば、 損をしてしまうことがなく、少しずつ利益を上げていくことができると思います。

テレビのニュースなどでやっているような何億円もの利益を上げるというのは難しいと思いますが、少しずつでも資金を増やしていきたいと 思っている人にはぴったりだと思います。
初めてネット証券をする場合は、株を売るタイミングなどがわからないと思いますが、そういったことに対しては、 証券会社が提供してくれるツールが教えてくれるのでそんなに困ってしまうこともないと思います。

実際に現金を使わずに証券取引を行うことができるツールなどもありますので、そういったツールを使ってまずは要領を掴み、 その上で実践していくと良いのではないでしょうか。
株は儲かるからといってたくさんの資金を一度にかけてしまったりすると損をしてしまった時にも大きなリスクになってしまいますから、 少額から始められる証券取引を行っていくと良いと思います。

インターネットがこれだけ普及していますから、価格変動や購入する際に迷ってしまった時でも情報を得ることができると思います。
ですから従来に比べると株というのは儲けやすいといえます。

配当金はどうやって決まるの?

ネット証券をしていくためには自分が気になっている株を購入しておく必要があります。
自分が購入した株の株価が上がれば当然利益が出ます。
そうすると配当金をもらうことができるのですがこの配当金というのはどのように決まってるのか分からない人もいますよね。

配当金というのは1年に1回企業が決算を行った後にもらえるものになります。
中にを1年に2回決算行っているような企業もありますので、この場合には2回の配当金が回ってくることになります。

しかし配当金を待つ間に自分の損失が大きくなってしまえば、どうしても株を売らなければならなくなってしまうので、 1年間の配当金が決まるまでにどのようにして購入した株を持っているかというのが大切になってくると思います。

そのためにメインとして購入する株のほかに資金を運用させるための小さな株などを購入して取引をしておくと良いのではないでしょうか。

配当金が決まるまでしっかりと株を維持しておくことができれば、株式優待などを受けることもできますし、配当金を受けることができるので、 大きな利益に繋がっていくと思います。

それぞれの企業ができるだけ黒字を上げてくれるように願うしかありませんよね。
決算をして企業が赤字になってしまった場合には当然配当金がなくなってしまいますから、利益はなくなってしまいます。

配当金というのはこのような仕組みで決まっていますので、必ずしも配当金を受け取ることができるというわけではありません。
しかし配当金を受け取るために資金の運用するというのは、とても楽しい事だと思います。

株主優待とは?

ネット証券を始めると株主優待という言葉を聞いたりすることがあると思います。
この株主優待とはどのようなものなのかというと、まず企業の株を購入して配当金が決まるまでの間、多くの場合1年間が必要になります。

この1年間の間に株を手放さずに持っていられた場合には株主優待が適用されますから、株主優待制度がある企業の場合には、 優待品や優待チケットなどを受け取ることができます。

企業によって、プレゼントされる商品というのが違っていますが旅行券などという場合もありますし、 何かのイベントに優待してくれるというものもあります。
株主優待だけを目的にネット証券をするというのはあまりないことかと思いますが、しっかりと配当を待ち、 株を持っていることができれば株主優待を受けることができるので一つの目標にしてみてはいかがでしょうか?

株主優待というのは、全ての人が受けられるものではないので、自分が株主優待を受けたことができればとても嬉しくなると思います。
また資金の運用が上手にできているという証でもありますから、そういった意味でも自分に自信が持てるようになりますし、 ネット証券での取引が楽しくなると思います。

大きな企業などで取り扱ってる商品を無料でもらうことができたり、飛行機会社などの場合には、
飛行機の優待チケットをもらうことができたりするのは本当に助かると思います。

株主優待を受けるためには所有している株の数等も関わってくることがあると思いますので事前にそういった事も調べた上で購入すると良いと思います。

株が下がると、どうなるの?

自分が購入した株の株価というのはとても気になるものだと思います。
株価が上がってくれれば、もちろん嬉しいことなのですが、株価が下がってしまった時にはどうなってしまうのか 不安を感じる人もたくさんいるのではないでしょうか。

株価が下がると、どのようなことが起きるのかというと、配当金を受けることができなくなります。
配当金というのは1年に1回行われる決算で黒字になっていた場合に株主総会が行われ、決まる仕組みになっているのですが、 この際に、赤字決算になってしまった時は、配当金がなくなってしまいますので損をすることになります。

株価が下がってしまうのか、上がってくれるのかというのは自分ではどうすることもできません。
現在のように不景気な状態が続いていると、株価下がってしまう企業もたくさんありますから、購入する時には不安を感じてしまうと思いますが、 様々なツールなどを使い、情報をキャッチしながら購入をしていくと良いと思います。

ネット証券をしている人にとってはこの様に株価が下がってしまうことで大きな損害がありますが、もちろんこれだけではなくて 株価が下がってしまうということは、流通という部分で社会的な悪影響を与えてしまいます。

できるだけ上場企業の株を購入するというのが利益に繋げるためには最短の方法だと思いますが、それでも必ず株価が上がるのかというと、 決まっている事ではありません。
株価が下がってしまうとどうなるのかということを理解した上で、株を購入する際にはしっかりと検討してください。

 

投資信託は株の一種なの

今まで株のことに関して、ひと通り話をしたところでもう少しそのあたりについて、細かく説明をしていきます。これを読んでいる方というのは、株に対して興味を持っているものの、その捉え方に関しては違いというのが出てくるところになります。

例えば、どこの株を買うのか、というところでも当然違いが出てくるところですし、どのくらいの頻度でやっていくのかに関しても違いは出てきます。そのようなところを踏まえたうえで、あなたにあった方法で進めていくのがやはり理想の方法になってくるわけです。

そして、投資というのは決して株だけとは限らず、いろんな方法があります。しかし、初心者の方の場合には、それぞれにおいて違いが分からない方がきっと多いと思います。そこで、最初に説明するものとしては、投資信託というのは株とどんなところに違いがあるのでしょうか?

まず、投資信託というのは基本的には、1つのものだけではなく複数の投資先をいくつかセットにして販売しているものになります。そして、その商品の中には日本だけではなく、海外のものも含まれている状態になります。

そのため、その中には株も含まれている場合もあれば、そうでないものももちろんあります。そういう意味では、これを買ったらその中に株が入っている、ということもあるわけです。また、株の場合にはすべて自分で運用していく必要がある一方で、こちらはすべてプロの方にお任せでしてもらうことができます。

国債は株の一種なの

あなたは株を始めようと思ったのと同時に、他にもやってみたい投資法というのは何かあるのでしょうか?

もちろん、それは人により違いがあり、株だけをずっとやっていこう、と思う一方で他も興味がある、という方もいるかもしれませんね。 では、後者の場合にはやはり1つに絞ってそして、それだけをやって行くのがいいのでしょうか?

これに関しては、やはり1つに絞った方がアチコチいろんな考えが浮かばないので、より集中してできますし、より極めることができるからです。しかし、投資のことを調べていますと、やはりどうしてもいろんな方法を知ってしまうのが実情になります。

そこで、調べて行きますと、国債などを目にするかと思いますが、これに関しては株と同じものになるのでしょうか? この答えに関しては、どちらも違うものになりまして、特に利益を出すという点においては性質が異なるものになります。

まず株はいつまでも持っていることもできるのとあわせて、利益に関しても状況によって変わるからです。ところが国債はその逆になり、それを持っている期間というのが決まっていて、それが過ぎたら返す必要があるからです。

それとあわせて利益ですが、これについては一定となりますので、よくも悪くも決まっている、ということになります。つまり、あなたが少しでも自分の意志で利益を出していきたい、というのであれば株が理想になるわけです。もちろん、他の投資法にもそれぞれ違いがありますので、そこを見定めることが大切です。

NISAは株の一種なの

あなたが株を始めることになって、利益を出せるようになったら、それを使ってどんなことをしようと考えているでしょうか?もちろん、それをどう使うかは自由で、それを元にさらに株を行う方法もあるでしょう。

やはり、少しでもその資金に余裕が出たら、いろんなことができるようになりますからね。あわせて、それを自分のために使う、という方法もあり、すでにこんなものを手に入れたい、というのがあるかもしれませんね。

とはいっても、そのような理想はあってもやはり現実は自分の思うようにいかないことが多いのです。また、あわせて利益が出て心配になってくる1つとして、それにかかってくる税金になるかと思います。

そのことを考えて人によっては、NISAでやっていこう、と思っているかもしれませんね。では、これは実際のところ株とは何か違いというのはあるのでしょうか?

これは、どちらかといいますと仕組みになりまして、それは年間で100万円まで購入した商品は、利益が出ても税金をかけない、というものになります。もちろんそれはずっとではないので、その点は注意をしますが、では株はその対象なのか、ということだと思います。

もちろん、その中には株も含まれていて、この仕組みを使って買うこともできるようになっています。ただし、そのようないい点はあっても、いくつか制限もありますので、その点を知ったうえで使うことが理想になります。そのような違いを知ってから株を始めることがとても大切です。

新規公開株のメリットはあるの

そもそも株というのは、どんなものであっても買うことが可能になるのでしょうか?この答えに関しては、基本的には上場しているところの企業のみということになるわけです。

実は株というのは、どこにでもたくさんあるのが実情ですが、その多くは普通に買うことはできません。つまり株式会社と名のつくところであれば、株というのは必ずあるわけです。

しかし、それらは一部の人のみとなっていて自由に誰でも、というわけにはいかないからです。そして、株は証券会社を通して買うことになりますが、それで扱いしているところが上場している企業、となるわけです。

そこですでにあるものを手にするわけですが、当然ながら最初からあったわけではありません。一定の手続きやあわせて諸条件をクリアすることによって、初めて上場を行うことができるのです。そして、そのときに出るのが新規公開株となるわけですが、これに関していいところは何かあるのでしょうか?

それは、期待を込めて、非常に価値が高くなりやすいというのが大きなところになります。つまり、それだけ利益が出やすいということもあり、それを狙っている人も当然ながらいるわけです。しかし、その逆で誰でも手に入れることができず、いわゆる抽選になることを覚えておく必要があります。

また、価値が高くなりやすい一方で、ある程度過ぎると一気に落ちることになります。そのため、これを手に入れたら早めに手放すことがとても重要になります。

ミニ株とは何なの

あなたは、自分が買いたいと考えている株というのは決まっているでしょうか?しかし、手に入れたいと思う一方でどうしても先に進めない、ということもあるかもしれませんね。

その理由というのはいくつかあるかと思いますが、それなりにお金がかかる、というのもあるかもしれません。やはり、初めてこれからやろうと思ったときには、どうしても資金においては少ないのが実情かと思います。

もちろん、手に入れることができたとしても、やはり人によっては損をしないか、という心配もきっとあるでしょう。他にも初めてやるわけですから、小さな金額でやってみたい、という思いもあるかもしれませんね。

そのような場合がありましたら、1つの選択肢としてミニ株というのがありますが、これはどのようなものになるのでしょうか? 通常、株を買う場合には、1株から買えるものはなく、ある程度まとめて買う必要がどうしてもあります。

つまり、セット販売のようなイメージになり、当然ですが、その分お金もかかることになるわけです。そして、それで株を行うことができなければ、始める意味がなくなってしまいますよね。そのようなことも考えて、もう少し少ない数で買えるようにしたものが、このミニ株という方法になります。

これを使うことによって、1万円からできるものもあり、少ない資金でできるのが特徴となるわけです。ただし、すべての株ができるとは限りませんので、その点だけは注意をしてくださいね。

外国株のメリットはあるの

あなたがこれから株を行うのに、どれかに絞ってそれだけでやっていこうと考えているのでしょうか?それともその逆に、いろんな株を手広くしていこうと考えているところになるのでしょうか?

もちろん、どのような場合であっても、資金は必要になりますし、そのことを考えてうまくやっていくことが大切になります。特に最初のまだ資金がないときの場合には、やはり小さくやっていくことが大切で、少しずつ増やしていくのが必要となります。

また、株といっても、それは日本だけのところで行う必要はなく、外国でも構わないわけです。もしかしたら、その点も考えて外国の株も検討しているかもしれませんが、それに対してのメリットはあるのでしょうか?

これは、特に発展をしている国の場合であれば、それに乗って株価も上がっている企業がある、ということです。日本はある程度そのところで発展をしていますので、これ以上の伸びを期待していないところもあるでしょう。

そのようなところに見切りをつけていれば、このような外国に目を向けてみてやってみるのも1つの方法になります。ただし、その一方で国が不安定なところであれば、一気に状況が悪くなることも考えておく必要も当然あります。

あわせて、日本と状況がどうしても違うため、その点のところもよく知っておく必要があります。もし、あなたが外国の株に対して、興味を持っているところがありましたら、そこを狙っていくのも1つの方法とも言えるわけです。

株の取引方法は

今までは株に関する基本的なところ、それとあわせてそれ以外の投資方法との違いについて、説明をしてきました。特に初めて株を行う場合、どうしても分からないことがたくさんあり、頭の整理ができていないことがあります。

やはり、投資の種類も含めて、知っておいた方が後になって、後悔するようなことも少なくなるからです。しかし、当然ながらいくら知識があったとしても、実際に取引を行わない限りは、本当に株のことを知ることはできません。

そこで、ここからは実際の株を取引するときの方法について、いくつか説明をしていきます。最初に説明することとしては、株というのはどのような方法で取引をすることができるのでしょうか? これに関しては、いくら自分が取引したい、と思っても行うことは当然できません。

では、どうすればいいのか、といったら証券会社を通して実際に行っていくことになるからです。そこを通すことによって、あなたが欲しいと思っている株を買う、またはその逆を行うことができるようになっています。

つまり、前提としては証券会社に対して、申し込みを行っておくということが必要になってくるわけです。そうすることによって、後は必要な資金を用意しておくことによって、取引を実際に進めることができるわけです。

また、そうなりますと初めて取引をする場合には、本当に自分でもできるのか、といった不安があるかもしれませんね。でも、そのような方のために初めての人でも使えるように、簡単に取引が可能になっています。

株は24時間取引できるの

あなたが株をこれからやって行こう、と考えていましたら、いつそれを行うことを考えているのでしょうか?これは、あなたの生活によって変わってくるところになるため、他の人とも違いが出るところになります。

でも、できればなるべくできる時間を増やしていきたい、という思いがきっとあるのではないかと思います。今はまだ実感としてないかもしれませんが、きっと始めたら気になって仕方がなくなる方もいるかもしれませんね。

あなたが仕事をしていましたら、場合によってはこちらに気を取られて、集中できなくなることだって考えられます。では、そこで、あなたが気になることとしては、株というのは24時間行うことは可能になっているのでしょうか?

これに関しては、日本だけに限定して書きますと、注文に関してはいつでも行うことができるようになっています。ただし、実際に取引を行うことができる時間というのは、限られているため24時間行うことはできません。

あわせて、証券会社によっては、定期的に調整が入るときがありますので、その間については、行うことはできなくなっています。しかし、多くの場合には取引を行っていない時間にしますので、それほど大きな影響をすることはないかと思います。

ただし、これを海外にした場合には、日本とは時間が変わるため、そちらでは可能な場合ももちろんあります。その場合には、扱っている株は必然的に外国になるため、その点だけを注意しておけば取引は可能です。

株の取引にかかる手数料は

まず、株の取引を行うためにしなければいけないことといったら何になるのでしょうか?もちろん、それはいくつかありますが、やはり最初に株を手に入れる必要が必ずある、ということです。

もし、それをしなかったら、いくら取引をしたい、と思っても行うことは当然できないからです。そして、株に関してはすべて同じ価格ではなく、それぞれによって違いが出てくるので、その点を注意しておくことが必要です。

そこで、あなたが株で利益を上げる場合に行うこととしては、その手に入れた株を売ることが必要になる、ということです。そこで、注意をすることとしては、必ずあなたが思ったとおりで売ることができない、ということがあります。

また、もう1つ注意するところとしては、手数料がかかるため、そのことを意識しておくことが大切になります。それは、どちらの場合であっても基本的にはかかるため、積もり積もれば、それなりになってくるわけです。

では、その手数料というのは、だいたいどのくらい発生することが多いのでしょうか? これに関しては、あなたが使っている証券会社によって変わってくるため、すべて同じとは限らない、ということを覚えておいてください。

場合によっては、何かのキャンペーンによって、その分が一定期間かからないこともあります。そして、そのところも考えて、あなたが使いたいと思っている証券会社を選ぶことがとても必要になってきますので、その点は覚えておきましょう。

株の銘柄選びに基準はあるの

株と一言で書いても、その種類に関してはたくさんあるのが実情になります。もしかしたら人によってはすべての株を買いたい、と思った方もいるかもしれませんが、やはり資金的に考えてもかなり難しいことになります。

また、買ったとしても、それは本当にあなたにとって利益が出るのか、と考えるとその点は注意しておく必要があります。つまり、資金的にも大丈夫な株であったとしても、そこのところで今後の利益がどうなるのか、というところで見ておく必要があります。

そのときに、大切になってくるのが、やはり銘柄をどこにしておくのか、というところになるわけです。では、そのところにおいて、何か基準となるものは実際にあるのでしょうか? これに関しては、人によって違いがあるため、また資金的なこともあり、選ぶものや選べるものというのが変わってきます。

やはり分かりやすい基準としては、それぞれの業界によって、これからも発展できるところを選ぶのが無難になります。いくら上場をしているからといっても、業界によってはどうしても不安定なところはどうしてもあるからです。

今はあまりよくなかったとしても、今後は発展することももちろんありますが、かなりの見極めが必要になってきます。または、あなたの携わっている業界において、ここなら今後も大丈夫というところがありましたら、そこを選ぶのも1つの方法です。これはあなたが買う前に時間をかけてでも、見定めておくことがとても大切です。

株の取引スタイルは何があるの

もし、あなたが株を始めるようになったとしたら、それで日々の生活はどんな感じに変化すると思っているのでしょうか?まだ、当然ながら始めていなければそこは分かりませんが、何かしらの理想は持っているかもしれませんね。

そして、それに少しでも近づけるために、今はいろんな情報を仕入れて、本格的に始めるための準備をしているところかもしれませんね。とはいっても、いくら頭の中でそう思っていても、実際に株をやらない限りは、その思っているとおりには近づくことはできないわけです。

そこで、取引を行うためには、いろんな方法がありますが、どんなスタイルで行った方がベストになるのでしょうか? これに関しては、あなたがどれだけ株に対して時間を取ることができるのか、それによってそのスタイルは変わってくることになります。

例えば日中に仕事を行っている場合には、やはりできる回数というのは1日のうちあっても数回、という場合もあるかもしれません。もし、時間が空いているような場合であれば、1日を通して取引を何度も行うことも可能になっています。

他にも本格的に行うことを考えている人もあれば、まずは簡単に始めて行く人ももちろんいるでしょう。そこに関しては、あなたの生活によって変わるため、どの方法がいい、またはその逆というのは特にはありません。そこで最初の慣れないときには、数日に1回程度にしてみて、そこから回数を増やすかどうするかを決めるのも1つの方法になります。

株の取引に必要な資金は事前に入金するの

さて、あなたはここまでの内容を読んでみて、実際にもっと突き詰めてやっていこう、という考えにはなったのでしょうか?もちろん、まだ最初の段階なので、そこまでは考えが行っていないことももちろんあるでしょう。

それは、今のあなたの考え方によって変わるところになりますので、そこはジックリと進めていくことが必要になってきます。しかし、いざ取引を行うときには、どうしてもそこで必要になってくるものがあります。

それは何かといったら、やはり資金になり、これがなかったらどんなにしたいと思っても、取引することはできないわけです。では、その資金に関しては、どの段階で用意をしておくことになるのでしょうか?

これに関しては、証券会社に事前に必要な分の資金を用意しておくことになります。つまり、専用の口座があって、そこに対して入金をしておくことによって、取引を行うことができるのです。その方法については、それぞれの証券会社によって異なるところになりますので、前もって確認をしておくことが必要になります。

そして、実際に株を買うときには、そのところから引かれることによって、手に入れることができるようになっています。また、売った場合に対しても、同様の口座に入るようになっています。そして、今だいたいどれくらいあるのか、に関しては専用のログイン画面から入って確認ができるようになっています。そのため、取引を行った場合においては、ちゃんとできているかを見ておくことが必要です。

株の取引は練習できるの

あなたが実際に株を始めることになりましたら、スグに取引をやってみたい、という思いはあるでしょうか?もちろん、それがなかったとしたら、このサイトを含めて他のところも読んでいないと思います。

しかし、これは人によって変わるところになりますが、その始める気持ちはあるのに、先に進まない、というのもあるかもしれませんね。それは、決してヤル気がなかった、というわけではなく、他のことも実際にあるからです。

そのことに関しては、やはりお金を使うから、というのがきっとあるかもしれませんね。確かに、これを始めて、うまく行くことによって利益は出るけれども、やはりそのところにおいて最初のうちは勇気がいるかもしれませんね。

そのようなときには、事前に練習をしてから本格的な取引に進むようなこともできるのでしょうか? これに関しては、すべてとは限りませんが、証券会社によってそれを用意しているところが実際にあります。

主にデモトレードになるわけですが、当然のことながら実際のお金を使うことはないので、その点は安心できます。また、申し込みを行わなくても、これだけを行うといったこともできるため、機能などを確認するのに使うこともできます。

これでひと通り操作を知ってから、そこから本格的に実際の取引を始めてももちろん構いませんし、そこは自由です。もちろん、先ほども書きましたように、デモなのでお金を実際に使うことなく、気軽に試すことができます。

株取引後の確定申告は必要なの

あなたがこれから株を行っていく際に、だいたいどのくらいの期間を続けていきたいと考えているのでしょうか?これに関しては、ずっとと思っている人もいれば、とりあえず決めずにやっていこうと考えている人もいるでしょう。

または、実際にやってみて、自分には向いていない、と分かればそれで辞めるという選択肢ももちろんできるわけです。そして、実際に始めるにあたって、いろんな期待もありますが、それとあわせて不安ももちろんあるかもしれませんね。

それは、実際に利益が出るのか、というのもあるかもしれませんし、他の点においてもいくつかあるでしょう。そして、これはどちらかというと先の話になると思いますが、それは確定申告になるかと思います。

もし、実際に利益が出た場合には、それを行う必要はあるのか、できればしないで済めばいいな、と考えている方もいるかもしれませんね。 これに関しては利益に関してどれくらい出たか、によって変わってくるところになります。

また、あわせてあなたが仕事をしているか、そうでないかによっても、そのあたりに対しての金額も変わってきます。他にも、そのときの制度によって変わってくることもありますので、その点はちゃんと確認をしておいた方がいいでしょう。

ただし、そこにおいて例外があり、それはNISAの場合になります。これで行っている場合については、確定申告に関しては行う必要はないため、これで株をしている場合には該当しません。

-基礎知識

Copyright© 株初心者のためのネット証券比較|ネット証券手数料比較ガイド , 2017 AllRights Reserved.